不幸になる人が後を絶たないのに無くならないこと